とがったいわ

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

制作メモ

スプーンをつくりはじめました。
のこと鎚をふるっております。
道具を使って道具ができるって、普通なんだけど不思議な感じ。

海の水がなぜ塩辛いか、の話。
調節できなくなった富が水の味を変えた話。

なんだか、秋の空気になってきてしまって、少し慌ててもいます。
[PR]
by pointed-rock | 2011-09-09 17:33 | 雑記

メモ/晴れ間の日

朝から、最近にしては珍しく元気で、久しぶりに化粧をして出かけました。
でも汗で落ちた。暑かったですね。

OYOYOの、アーティストインレジデンスの成果展。
トオンカフェで本田征爾さんの個展。

本田征爾さんが、まぐろ調査の仕事で撮影した海洋生物の写真をみながら展示を観ることができたのが,良かった。人のものを観る目とか、経験の蓄積についてもやもやした。

レジデンスの作品は良かったけど、最終的な作品そのものより、むしろ経過の方がレジデンスの成果としては観たいなとか、観客として素朴に思ったり。トークに行けばよかったでしょという話なのかもしれないけど、展示場所のOYOYOの雑多さに対してちょっと情報量が少なかった気がしました。好みの問題なのかな。

近代美術館の穂積さんに図録を頂きました。
「パサージュ:フランスの新しい美術」「クロッシング・スピリッツ/カナダ現代美術展1980-94」
一度しかお会いしたことがないのに,図々しくも。

90年代自分が何をしてたか考えると、私はそのとき,3歳から13歳だったわけで。
(年賀状とかかいてた。)
聞き知ったようなつもりになっても、これが現在として進行していたその雰囲気まではつかめないんだよな,と。
やっぱりどこかで、中には「古典」として、ある意味、神聖視して捉えている作品もあったりして、もやもや。
ヤナ・スターバックとか。
(でも、実は好きなんだ・・・90年代美術・・・)
テキストとかまだほとんど読めてないのでじっくり読みます。

その後,テンポラリーで竹本英樹さんの写真を観ました。
写真と絵で、観方が違いますかね?と竹本さんに聞かれて、違いますね、といったけど、どこがどうちがうのかなと、帰り道すがら考えて、川を観るのと、海を観るのとくらい違う、というのを考えつきましたが、あまりにも片言すぎるので保留です。
8ミリフィルムから起こしているとおっしゃっていましたが、そういう意味でも、竹本さんの作品からは、より、川的な感じをつよく受けました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

上から見下ろす目、大きな山と小さな山

へそ

呼吸

スプーンーすくうー運ぶ

海が見つからない。

嘘をつくこともいとわない。

寝転がれるリズムで。
[PR]
by pointed-rock | 2011-09-04 20:38 | 雑記

メモ

ブログをかかないと突っ込まれてしまいました。

雨が降る日が続いていますね。
1月に次の個展がありますが,現在はそれに向けて準備中。
これまでの作品の90°回転です。
ゴリッと重労働?系でござい。

乞うご期待です。

今のところの会期は
1月9日〜1月29日(予定)
札幌はsalon cojicaでござい。
イーストサイドでござい。
http://saloncojica.jugem.jp/

ーーーーーーーーーーー
輸送する,運ぶ,運搬する

砂糖ースプーンー私

砂,土、石ースコップ,シャベル、重機ー父

人工のもの、精製されたもの/エネルギー・カロリー

土木

海にいく、みえない海、海はどこにあるか。

水ー砂糖ー火

私が父になる(?)

分解される,雲散霧消する、ことをゆるされるのか。
[PR]
by pointed-rock | 2011-09-03 21:55 | works