とがったいわ

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

confetti/

d0160538_19355144.jpg

(撮影:TAKANORI SHIMIZU)

フォトグラファーの清水さんが撮ってくれた一枚。

パルコ新館でのconfettiの展示を終えました。
なにしろ、子どものお客様が素晴らしいお客様でした。
というよりも、9割くらい子どもさんに制作のお世話になりました。

紙吹雪は、不完全に螺旋状に落ちていく。
(舞台のフィナーレや、お祝いの席が終わったあとみたいに)

終わっちゃったキラキラした屑(この屑は何種類かのラッピングフィルムを切って混ぜた物で、キラキラ反射する。)を子どもたちや、友だちや、見ず知らずのお客さんたちが
かき集めてもう一度ばらまいていく姿を遠くからみているのは面白かった。
ばらまかれて床にへばりついた屑を子どもが「このキラキラなんだー」と
見つけてたどっているのも面白かった。
ちっちゃいブルドーザーになりきって山を作る子どもをみるのも面白かった。

ヴィヴィアン・ウエストウッドでみたとか、スタバでみたとか,北見でみたとか,うちにいたとか、
そんな話を聞かせてもらうのも嬉しいことでした。
というわけで、個人的には・・・かなり楽しませていただきました。
散らかしちゃってごめんなさい。大変お世話になりました。
みんなも少しか、楽しんでくれていたら嬉しいんだけど・・・とおもうけど、どうなんだろ。

紙吹雪の作品はまた違うシチュエーションでやりたい。
もっと単純でいい形をだせるように思う。





「飴チョコの箱には、かわいらしい天使がえがいてありました。この天使の運命は、ほんとうにいろいろでありました。ある者は屑かごの中へ、ほかの紙屑などといっしょに、やぶって捨てられました。また、ある者は、ストーブの火の中に投げ入れられました。」
「天使でありますから、たとえやぶられても、やかれても、またひかれても、血の出るわけではなし、また、いたいということもなかったのです。ただ、この地上にいる間は、おもしろいことと、かなしいことがあるばかりで、しまいには、たましいは、みんな青い空へと飛んで行ってしまうのでありました。」

(小川未明「飴チョコの天使」)
[PR]
by pointed-rock | 2011-03-28 20:32 | 構造

くぼみ火山

d0160538_19212239.jpg


「くぼみ火山」
2011年
札幌市資料館

凝灰岩(札幌軟石)、木、布、器、水、野菜の種

(撮影:山岸誠二氏)

More
[PR]
by pointed-rock | 2011-03-28 19:23 | works

confetti制作のメモ(パルコ)

子どもが紐を引いて降らせていた。
男の人の上にも女の人の上にも,子どもの上にも。
一度ばらまいた紙吹雪をつかんで、もう一度放り投げていた。
まあ,なんか火山とか石とかが、ある意味どうでもよくなって、「よかったなあ」という気持ちになった。
あと、迷い込んできた高校生たちが「アートとかわかんねーよ!くそっ」と
紙吹雪を思いっきり蹴散らしていたのが、結構印象的だった。
(ごめんね)

パルコでの展示では日が経つに連れて,最初の場所からどんどん周りに散らかっていくことが、
目に見えるところが、よいともかんじる。
靴の裏に張り付いたり,近くを通る人の足に風でまとわりついたり。

とはいえ、まだまだしかけや、展示の洗練を考えると改善が必要だと感じる。
特にどう動作を導入したらいいかは改善のしどころだろう。
掃除をする気がないほうきたちやカルデラとの併置も。
[PR]
by pointed-rock | 2011-03-20 17:05 | 雑記

  THE BEGINNING   Exhibition of Hybrid Generation−

参加致します。
confetti(紙吹雪)ほか、ドローイングなどを引っさげ予定です。


THE BEGINNING  
Exhibition of Hybrid Generation−


会日常を刺激するものは、何だろう?

新しい価値を創造するのは、誰だろう?

あらゆるジャンルを融和し昇華する、新世代のアーティストたち。

北海道に拠点を置きながら、国内外で活躍する彼らの表現が、

札幌におけるカルチャーの中心地・PARCOに集結。

その「現在進行形」のクリエイションが、

新たな地平を切り拓く!

———————————————————————————————————————————————

2011年3月16日(水)—3月27日(日)

札幌PARCO新館5F

10:00—20:00 / 土曜10:00—20:30 ※会期中、営業時間が変更となる場合がございます。

入場無料

展覧会に関する問い合わせ先:RAW PLAN Tel. 011-299-6380(TO OV cafe内)

会場に関する問い合わせ先:札幌PARCO Tel. 011-214-2111(代表)

———————————————————————————————————————————————
参加クリエイター
 
Analog 森本めぐみ 千葉有造 樫見菜々子 冨田哲司 藤井晋也 石黒翔 阿部真大 
 
小助川裕康 武田浩志 吉田尚弘+サトウケイ 富樫幹 John Miles Runner 菊地和広
 
寺澤一範 藤倉翼 川上大雅 森迫暁夫 斉藤幹男 EXTRACT

———————————————————————————————————————————————

[オープニングパーティー]

日時:3月19日(土)18:30-20:30 入場無料

[スペシャルトークセッション]

日時: 3月26日(土) 18:00-

会場: 本展会場内 特設スペース 入場無料

ゲストレクチャー: 「社会、アート、コレクション」 宮津大輔(現代アートコレクター)

シンポジウム:宮津大輔 × 武邑光裕(札幌市立大学デザイン学部教授)× 木野哲也(RAW PLAN )× 地元アーティスト等

※当日下記のアドレスで、sapporo 6hによるUST中継あり

http://www.ustream.tv/channel/sapporo6h

※ 来場者多数の際は、立ち見となる場合がございます。予めご了承ください。

———————————————————————————————————————————————

共催:THE BEGINNING実行委員会 / 札幌ビエンナーレ・プレ企画実行委員会

協賛:豊栄建設株式会社 / 札幌PARCO

企画・制作 : RAW PLAN / ドゥヴィーニュ仁央(WG)

プロモーション:蔦洋平(ファン株式会社)

キュレーション: 中村一典(RAW PLAN / TO OV Cafe) / 木野哲也(RAW PLAN / MAGICAL CAMP)

キュレーション協力:NPOラポラポラ

サウンド・ディレクション: DJ GAK(synapse/orbit musiq)

———————————————————————————————————————————————
[PR]
by pointed-rock | 2011-03-06 00:19

贈り物giftは、毒。

居間-Living room-
北海道教育大学岩見沢校実験芸術専攻有志展
アートトークとレセプションパーティーのお知らせ です。

3月5日(土) 16:30~ アートトーク
18:30~ レセプションパーティー(20:30ごろまで)
というようなスケジュールで予定しております。

週末ということもあってか、札幌市内で色々アート関係のイベントも重なっていて、びっくり、だったのですが、
こちらはこちらでフレッシュ且つ渋く、お話しできればと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

居間ーliving roomーの岩見沢展が始まっています。
岩見沢のお客さんは一つ一つの作品についてお話しすることを楽しんでくださるなあと、
会場で、作品解説などをしていると感じます。
鋭い質問や、解釈に、はっとすることが度々あります。

くぼみ火山のシリーズも解説していますが、ある問題があって。
4万年前に噴火した支笏火山の話自体はすればわかってもらえるけれど、
それはほとんど作品化しようとしたテーマを邪魔するようにしかなっていないんじゃないかということです。

地形や歴史の話に行ってしまうとそれは私としては非常に似非っぽいことになってしまうし、
そういう方向に頼らないでどうやって自分の・・・ある意味で個人的な話に持って行くかなのでしょう。
しっかり、ある意味での「嘘つき」の技術として美術した方がよいだろうというのが、
おかしな話ですが、恵庭のフィールドワークをへて作品を制作して感じていることです。
もう今は遠い自然(地理的なもの、生き物としての自分の身体)と、
自分をどう切り結んで行くかというところに個人的な切実なところがあるのだと思います。

つまり、例えば・・・
恵庭について考えるときに、自衛隊や、工場、ガーデニングのキーワードに自分がやたらとひっかかってしまうのも、
それが自然としての自分と、人工物としての自分の境目にあるものだからではないかと思います。

普遍的なテーマでいうと、なんだかんだで「葛藤」系ではあるようです。
また、祭りの熱狂にはうまく乗れないタイプでもあるかもしれません。

案外、そういう個人的な気持ち、の方の話をした方が跳ね返りがあります。
普遍性を重視しようとして、「正しい」言葉を使おうとすればただ知識の披露に終わるだろうし、
正しいことよりも通じることの方が大切という局面もあるようです。

書き言葉に何を選ぶかというところと、話し言葉で何を選ぶか、というところも
悩ましいところではありますが。
なにぶん。
[PR]
by pointed-rock | 2011-03-04 01:42